「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

企業のIT化で話題になっているクラウドコンピューター

■ 企業のIT化で話題になっているクラウドコンピューターの活用

クラウドコンピューティング
 (cloud computing インターネット利用したコンピューターの利用形態)がIT業界の流行語になっている。

全く新しいコンピュータ技術のように扱われているが,事実はまったく逆である。
実態はインターネット上で、情報処理をするITシステム技術に支えられている。
Weblogやmixi等もWEB上で情報処理をしているわけですが
私は、1998年に実験システムを発表(100万件の電話番号データ検索処理スピード調査1998/04/10日経産業新聞・京都新聞)をしました。

その後、今では皆様のお商売や会社の日常業務から会計経営管理まで、身近なことにも広く使われるようになりました。

★このクラウドコンピューティングが自分にどう役立つのか考えてみると

これまでのようにシステムやソフトを自分のパソコンや自社サーバーにおく必要がなくなります。

インターネットに接続の手段さえあれば、手元に自前の設備やソフトシステムを全く置く必要がない。

納品書・請求書・業務日報など、どからでも入出力できる。
出張先からもどこからでも、自社の状況がよくわかる。

そのかわり、データの機密性に不安を抱えることになるだろう。
クラウドコンピューティングが大規模になるほど問題は大きくなる。
そのような意味では、大規模なわけのわからないクラウドを利用するよりも、小規模ではあるが細かい要望にも対応してくれるクラウドコンピューターを選択したほうが良いと思う。
[PR]
# by it_keiei | 2008-11-06 18:23 | IT活用経営革新

ホームページ製作入り口の手順

■ ホームページ製作の入り口の手順

1.キーワードの選定

 まず最初に取り組むべき大切なことは、お客様にどんなキーワー
 ドで検索してもらって、サイトに訪問しいただくかということで
 す。

 見当違いのキーワードで検索エンジンの1位にいてもしょうがあ
 りません。
 そのキーワードが、販売や製品・サービスに直結するか、どれだ
 け多く検索されるかということが重要です。

 もし、たんに思いつく単語(ホームページ・輸入・バッグ等)し
 か考えられない場合は、ホームページ製作業者に相談してみると
 良い。
 優秀な業者なら適切なアドバイスが返ってくる。

 ビッグキーワードは実績を作ってから、徐々にチャレンジすべき
 キーワードなのです。(他のキーワードで実績を作るとビッグワ
 ードも自然に上がっていきます。)

 では、取り組むべきキーワードを何にしたらいいのでしょうか?
 
 ここが頭の使いどころです。

 ちょっと視点を変えて考えてみましょう。

 例えば物品販売で、お客様にただ『買って、買って』とお願いし
 ても、なかなか買ってはいただけません。お客様はあまのじゃく
 なのです。

 そこで、購買客の心理に立って考えてみましょう。

 『あなたはどんなアプローチだったら、ピント感じますか?』
 『あなたはどんな場面で、心を揺さぶられますか?』

 そんなお客様の情景をイメージしてみましょう。
 具体的にお客様の家族構成や生活の情景をイメージして文章化し
 てみることです。

 そうするとイメージしやくなります。その時そのイメージに出て
 来る周辺にに、よく効くキーワードが含まれているのです。

 物品販売でない、BtoB(法人対法人)の場合も一緒です。

 当社の例でお話しましょう。

 当社では『ホームページ制作』というキーワードでは基本的に勝
 負していません。勝負しているのは、『IT活用経営革新』と
 『トップページの原則』です。
 もっと理解したい方は、当社のトップページ
  http://www.kakenk.co.jp をご覧ください。

 攻めの際に、表門から無理やり攻めても無駄です。
 少し違うアプローチが効くのです。あなたの独自性や個性でキー
 ワードをぜひ探してみましょう。

 それを見つけられたら、ホームページ戦略は『大勝利間違いなし』
 です。

2.キーワードを決めてから、キーワードをつないで文章にしてみる

 それからページの内容を考える方がうまくいく。そうすると活かさ
 れるホームページが生まれる。
 ページ内容を考えてから、キーワードを登録する。これは逆です。

 すでにたくさんの競合先が取り組み、ほとんど研究され尽くしてい
 ます。
 単純なキーワードに今から取り組んで、SEO の成果を出すのは、今
 では非常に難しいです。

3.ホームページのタイトルや文字表現の内容を考える

 ここでもお客様の立場でどこまで考えられるかが勝負となる。
 例えば、販売目的で陳列して「買って」とお願いしても売れない。

4.デザインや画像は効果を補助する手段で、ページのアクセスアッ
 プには直接繋がるものではない。

ご相談は
企業の方は http://www.kakenk.co.jp/ohta/it_sien.html
個人の方は http://www.kakenk.co.jp/ohta/kaiin1.html
の制度をご利用下さい。
[PR]
# by it_keiei | 2006-03-03 11:35 | ホームページ

ホームページの運営支援


■ ホームページの運営支援

> 現在、パートをしながらブランド品をオークション、ネットで販
> 売しております。
> HP運営のご支援をお願いしたいと思いますが、どの様に進めさ
> せて頂いたら宜しいでしょうか?

お尋ねいただきありがとうございます。
現在販売ページをお持ちのようですが、どの程度売れていますか?

本当に売りたいなら、ホームページ製作の前に整理すべき問題があ
ります。
1.販売対象の方を具体的にイメージして、文章にしておくこと。
  例えば、50歳代の子育てが終わった奥様で、嫁に行った娘を
      持ち、趣味の活動や習い事等の外出が多くなってきた
      時間的ゆとりのある奥様
  等ともっと具体的にイメージ化する。

2.そうすると、自分がお客様に何をしてあげられるか、考えやす
  いようになると思います。

3.情報時代は、文章として書くことで伝えるという特徴がありま
  す。
  とにかく他者に理解していただけるように表現しましょう。

4.それがホームページとなっていくことが重要です。
  決して大企業のまねをすべきではありません。
  商品を陳列しただけでは売れません。
  どんな顔の人が、どんな思いで、何をしてくれるのかを伝える
  ことが必要です。

5.ホームページに表現すべき原則
 1.訪問者の心をつかむタイトルは簡潔明瞭に(20文字以内)
  タイトル次第で、ページのイメージ内容をお客様は瞬時に判断
  する。
  その内容を見たくなるかどうかが決まってくる。
  お客様の興味をひく「大見出し」で訪問者はぱっと判断する。

2.次に、簡潔明瞭にお客様の心をつかむ内容を表現する。
  (目安50文字以内)
  ページの目的など、お客様の心をつかむ内容を、簡潔明瞭に表
  現する。
  興味のある訪問者は、目立つ文字を拾い読みしますので、さら
  に興味をひきたたせることができればよい。
   訪問者の利益を前面に押し出す。

 3.見に来てもらうためには検索エンジンサイトで上位に位置され
  る対策が必要です。
  検索されたい言葉(キーワード)を20個お考え下さい。
  私の方で調査し、吟味し、逆提案を致します。
  ページ効果が現れる最も重要なポイントですから、少なくとも
  2・3回は議論を繰り返す必要があります。

4.具体的に売りたいポイントは3つ程度まで
  多すぎると人の心は拡散する。
  わかりやすく画像効果の補助を含めて表現する。
  それより多いと別ページを作った方がよい。欲張りすぎないこ
  と。商品販売ページは別ページにした方がよいかも。

5.ご訪問者に行動を促す仕掛けをご用意すること
  お問い合せ・掲示板・注文・サンプル配布・資料請求・メール
  レターの受信登録・会員登録他
  のうち3つ程度の仕掛けをご用意して、ご訪問者に選択して、
  行動してもらえるようにしましょう。

  ここで、メルアドの吸収は、後々大切なお客様獲得に繋がりま
  す。

  データーベースとして、保存・整理できる仕掛けを組み込んで
  おくと管理ページで整理活用できます。

6.最後に自社・所在地と連絡先・責任者の顔写真を明示しておこ
  う。
  詳しくはお店案内に掲載。ここでは安心感と近親感を持たせ、
  信頼される効果が目的となります。

上記1~3のタイトル・内容・キーワードをまず文字化して下さい。
企業の方は http://www.kakenk.co.jp/ohta/it_sien.html
個人の方は http://www.kakenk.co.jp/ohta/kaiin1.html
の制度をご利用下さい。
[PR]
# by it_keiei | 2006-02-10 17:27 | ホームページ

ホームページのネット社会認知度について

■ ホームページのネット社会認知度について

友人から自分のホームページが、Yahoo では検索できるが google
ではなぜ検索できないのかというお話がありました。
http://www.dd-archi.com/

最近は、ディレクトリー型よりもロボット型検索エンジンが一般的
に使われており Yahoo も方針を変えた。

ロボット型の場合は、タイトル・内容・キーワードをメタタグにき
ちっと記入しておくことは、今でも有効に働いている。さらにはペ
ージ内にどのような文字が表現されているか、内容が重要です。

良くできたページでも、PRすべき文字が画像になっていると、ロ
ボット型検索エンジンには不利です。これを altでカバーするわけ
ですが、きれいなページを作ろうとするととかく文字文章が不足が
ちになる。

上記の事例でも yahooで検索するとページ本体ではなく、ページ内
のプログが出てくると言うことは、文字で表現されたページがいか
に重要であるかということが、推測できます。

ホームページ立ち上げ時と、その後の改善成長に伴って、キーワー
ドの設定についても再検討をし、認知度向上対策を続けることは重
要です。

ページを製作する事業者に依頼する場合、その事業者自身のページ
の社会的認知度が低いか高いかを調べておくことも選定の基準にす
べきでしょう。

私はホームページの認知度を一目で見る方法として
http://toolbar.google.com/intl/ja/index_ie.php
を使ったりしています。

個人の氏名や企業のキーワードで検索してみることも必要です。
私の場合は「IT活用経営革新」で検索すると上位に出てきます。
競争相手や大企業・政府や行政といった公的機関の中でどのような
地位にあるのか調べることができます。

上位に出てくるようになれば、社会的認知度も高いと言えるのでは
ないでしょうか。
そうなってくると仕事も自然に入ってくるようになり、売上が向上
します。

企業の社会貢献の具体的活動内容が問われている時代です。
情報社会では、その貢献の度合いを企業の社会的認知度でも評価で
きるようになったのではないか。

問題は、ホームページの作りを検索エンジン対策を意識して創るこ
とは当然のことですが、それ以上に生き様や姿勢等の内容を充実さ
せる事でしょう。

日常の収入を得ることに私もアクセクしがちですが、先を読みなが
ら、現実の日常を反省を含めてページで発表する作業こそ、お客様
の心をとらえる重要な部分ではないかと思います。

知り合いの企業の中には、現実に行った立派な活動をページで発表
しておられる方もありますが、逆に検索エンジンの知識がなくて取
り上げられていないケースも見受けられ、残念に思うこともありま
す。
執筆者:太田英輝 http://www.kakenk.co.jp/ohta/it_sien.html
[PR]
# by it_keiei | 2006-01-30 10:02 | ホームページ

インターネットの徹底活用

■ インターネットの徹底活用

3月から8月まで病気で寝ていても仕事に恵まれ、経営管理も困らなかった。
なぜでしょうか ~

Yahoo や Google で「IT活用経営革新」「IT活用経営支援」で検索してみよう。
188万件~250万件出てくる。
政府経済産業省をはじめ、都道府県各自治体、マイクロソフト社等大手企業
その中でトップに出てくるページ
  www.kakenk.co.jp   www.kakenk.co.jp/ohta/
  www.kakenk.co.jp/ohta/it_sien.html
  www.kakenk.co.jp/ohta/it/it_keiei.html

ここまで行くと零細企業でも仕事が入る。したがって過労とストレスがたま
ってしまった。
特に大企業が相手の場合は、数千人数万人の仕事に影響することになるから
大変だ。

なぜそうなるのか?
 ホームページをどう考えるか
  文字で表現された内容のみ伝わる
  ・・・・・検索エンジンのトッブへ掲載される条件を意識しながら作ってもらう。
  ・・・・・メルマガ・ブログを活用
   事例 http://www.kakenk.co.jp/ohta/nikki/weblog.html
  ・・・・・ネツトで仲間づくり・・ML等
   事例「情報交流広場」 http://www.kakenk.co.jp/hiroba/

  お客様の心を引きつける言葉で各ページ表現する。
  各ページはトップページと考える方がよい。目次は目次のページを設ける。
  トップページの原則はしっかりと網羅する。
    http://www.kakenk.co.jp/ohta/hp/hp01.html
  社会的意義や公共性・企業文化をページに盛り込む
  具体的に貢献内容を表現する
  会社案内や抽象的な経営理念や方針は後ろにある方がよい。お客様第一

 非公開管理ページをどう考えるか? 寝ていても経営管理ができる。
  見込みを含む顧客管理
  企業間連携 報告記入など新情報の共有
  お客様中心主義の業務日報
  納品請求入金管理
  会計経理業務
  等     (社内に個人情報データを置くと漏洩の危険性が高い)
        (事務・場所代・管理経費は取引判断基準になりつつある)
  特に表の公開ページの内容変更の自動化の役割は大きい。

ネットの徹底活用とは具体的にどうゆうことか
  リンクされているページ数によって検索結果が上位に表示される。
  どうすればよいか。検索サイトで同業者のページを調査 リンク登録
  できる限り公的機関にリンクされるようにするには?
  私の事例
   経済産業省・戦略的情報化投資活性化事業ITSSP
   ・「WEBで情報共有・経営革新」 ひと工夫事例発表
       変化する現場の日常業務をホームページで処理、
       情報を共有することによって経営革新を実現
       http://www.itssp.jp/kufu/data/kufu003.htm    
   ・「販路開拓にIT活用」 国内事例発表
       http://www.itssp.jp/jirei/kokunai/toushi/toushi105.htm
   ・京都市中小企業支援センター専門家 奈良県 滋賀県
        http://www.kyoto-sien.or.jp/nannari/index42-2.html
[PR]
# by it_keiei | 2005-11-22 12:05 | IT活用経営革新

個人コンサルタント起業の時代

■ 個人コンサルタント起業の時代

一昔前はコンサルタントといえば、中小企業診断士の型にはまった
経営コンサルタントをイメージする経営者が多かった。コンサルタ
ントに相談してもありきたりの経営診断をして助言するというイメ
ージがあり、助言も実現性が薄くあきあきしていたものであった。

しかし最近は、あらゆる業種で本業そのものの専門性を生かし、新
しいタイプの経営コンサルタントが幅広く求められるようになって、
個人コンサルタントとして起業する人も増えてきた。

誰でも仕事の専門性を磨いて努力すれば、お役立ちの仕事が成立す
る時代です。
これは、情報時代の当然の成り行きであろうが、起業したコンサル
タントの生き方、営業の仕方にはみなさん苦労をしている。

むしろコンサルタントとは言わないで、自己の専門性を巧みに仕事
にして新しい事業を立ち上げている起業家もどんどん生まれている。
資格や経験ではない。
これらのことは何を意味しているのでしょうか?

中小企業は理屈や理論を求めているのではなく、現実的な問題解決
をしてくれる人捜しをしているのです。

IT経営革新分野においても、技術的に実現させる裏付けを持ち、
現実の自社にあったIT活用ノウハウを提供してくれるコンサルタ
ントを求めているのであって、理屈や紙に書いた経営革新企画書を
作ることを求めているのではない。

ただここで注意しなければならないことは、自分が磨き上げた専門
性に誘導するようなコンサルは行わないことが重要だと思います。
あくまでも客観的に分析し、具体的解決策を提案することを心がけ
るべきです。

コンサル結果を実行するのは相手企業であり、ある一定の期間をお
いて情報を集めたり考えたりする時間はお互いに必要である。

その上で、やっぱりあなたにお任せするということであれば、信頼
を持ってお任せいただくことになる。
http://www.kakenk.co.jp/ohta/it_sien.html
[PR]
# by it_keiei | 2005-11-04 12:03 | 情報活用起業

非合理は経費がかさむ

■ 非合理は経費がかさむ

ある市民会館から、施設空き情報をインターネットに公開する
システムの開発について、問い合わせがあった。

ホール・会議室など10の施設に対して、利用時間帯と平日と
土日の利用料金が異なり、利用者の種別によってさらに7通り
の利用料金の設定があり、冷暖房の期間料金とマイクなどの付
属設備使用料の自動計算が付随するもので、利用申込みと同時
にリアルタイムで、自動的に空き情報をネットに表示するとい
うものです。

ここで、不思議なことが2つありました。
大手の業者は、我々中小企業が提示するお見積もりの10~2
0倍の見積であったとのことでした。

それと利用者の個人情報保護という理由で、構内インターネツ
トを構築し、その中で空き情報のみ業者のWEBサーバーへ
送り込み、1日遅れとなってもしかたないとのことであった。

個人情報は手元に置くと、職員の数だけ人的漏洩の危険度は高
まりますし、構内WEBサーバーを立ち上げるとなると基本ソ
フト込みで約50万円程度余分に費用がかかることになります。

個人情報保護の内部規定だけでも、より複雑な内規を作り上げ
なければなりません。

いずれにせよ我々日本社会はシステム的にはもつと合理的に能
率の上がる方法を割り切って選択すべきではないか。
そして、文化的、人間的な部分にもっと気を使って豊かな社会
になるようようにしたいものと思います。
http://www.kakenk.co.jp/kadai/公共施設予約.html
[PR]
# by it_keiei | 2005-10-30 16:28 | IT活用経営革新

■ 団体組織活動支援システムの意図することは?

■ 団体組織活動支援システムの意図することは
  http://www.kakenk.co.jp/it/dantai.html

構成する人たちの情報や意見意志の「情報共有」と互いの理解と
信頼を深め、「自由な交流」ができるかどうかというところにあ
る。

そして、リーダーはみんながなるほどと思える方向へ全体の意志
をまとめ、行動へと移していく作業をすることに意味がある。

後は、参加者の集約と実行なのです。忘れてはならないものは、
結果の情報報告です。そうすることで何らかの理由で参加できな
かった人への理解を促進させることができる。

これら一連の作業を最も合理的にスピーディに処理できる方法が
インターネットを活用した団体組織活動支援システムなのです。

比較的歴史のある団体には、いまだにネットを使えない人がいる。
その場合は、郵送やFAX連絡が使われているが、システムを利
用すると、ページソースをコピー&ペーストすることで、ページ
抜粋をした広報誌は簡単に作れる。

1ヶ月遅れとかになるが、致し方ない。
事例 京都同友会右京支部のホームページ
http://www.geisya.or.jp/~doyu/ukyo/
まだ未熟ですが、掲示板で自由発言、意見の投稿は会員で有れば
誰でもできる。
リーダーには、スケジュール投稿・活動結果報告の投稿ができる。
これらを抜粋して、コピー&ペーストで月刊誌を発行し、郵送す
ることで、ネットを活用することを促している。

団体の都合の良い上からの一方的情報書込だけでは盛り上がるも
のではない。一般会員の書込もでき交流ができるホームページは
必要で、欠かすことはできない。
[PR]
# by it_keiei | 2005-10-16 15:13 | ホームページ

IT活用で生まれ変わる中小企業の情報化について

IT活用で生まれ変わる中小企業の情報化について

IT導入による情報化は、何から始めれば良いのか分からないという経営
者も多い。
情報化を行う時に気を付けるべき点や、他社の情報を参考にするという
セミナーも盛んに行われている。

情報時代のビジネスを展開する場合、戦略的にITを導入・活用すること
により、売上げ増加、生産性・業務効率の向上、製品・サービスの革新、
販売チャネルの多様化、新規事業分野への進出などの競争優位を生み出
すことは、経営革新上の最重要課題となっている。

パソコンに触れて学ぶ『IT講習会』やIT導入事例企業による講演、ITに
関する最新の情報等を提供する『情報化セミナー』など、年間を通じて、
講演会事業がたくさんあるが、具体化のITそのものを公開し、そのノウ
ハウを提供してくれる企業や人は少ない。

各都道府県の中小企業支援センターのIT技術専門家の支援を積極的に利
用すると経済的にも負担は少ない。

理屈よりも現場重視の具体的な技術情報の提供があれば、何から始めた
ら良いか明確になってきます。
http://www.kakenk.co.jp/ohta/it_sien.html
[PR]
# by it_keiei | 2005-10-01 18:04 | IT活用経営革新

非公開管理ページは経営(商売)革新のかなめ


執筆者の太田です。

今日は少し涼しくなり、サラリーマン以外の方々にとっても
さあ頑張るぞと言う気分ではないでしょうか?

■ 非公開管理ページは経営(商売)革新のかなめ

営業経営管理ページは当然非公開ですから意外と知られていない。
情報共有グループウェアが発展したものとも言えるが、経営全般の
管理業務を行う場所である。

管理ページが有れば、例えば自宅からでもあるいは出張先からでも
お客様管理や社員の活動管理、販売管理、給与計算、会計業務とい
う仕事が可能なのです。

また管理ページは、公開しているホームページと連動して、表裏の
関係にありますから効果的営業展開も有利になってきます。
自社(自分)にないIT活用ノウハウを手に入れましょう。

 非公開経営管理ページとは?
  http://www.kakenk.co.jp/prg/
 非公開管理ページの作り方 ARAGO講座はこちら
  http://www.knowledge.ne.jp/lec.php?id=124
[PR]
# by it_keiei | 2005-09-15 14:56 | IT活用経営革新