カテゴリ:IT活用経営革新( 10 )

企業のIT化で話題になっているクラウドコンピューター

■ 企業のIT化で話題になっているクラウドコンピューターの活用

クラウドコンピューティング
 (cloud computing インターネット利用したコンピューターの利用形態)がIT業界の流行語になっている。

全く新しいコンピュータ技術のように扱われているが,事実はまったく逆である。
実態はインターネット上で、情報処理をするITシステム技術に支えられている。
Weblogやmixi等もWEB上で情報処理をしているわけですが
私は、1998年に実験システムを発表(100万件の電話番号データ検索処理スピード調査1998/04/10日経産業新聞・京都新聞)をしました。

その後、今では皆様のお商売や会社の日常業務から会計経営管理まで、身近なことにも広く使われるようになりました。

★このクラウドコンピューティングが自分にどう役立つのか考えてみると

これまでのようにシステムやソフトを自分のパソコンや自社サーバーにおく必要がなくなります。

インターネットに接続の手段さえあれば、手元に自前の設備やソフトシステムを全く置く必要がない。

納品書・請求書・業務日報など、どからでも入出力できる。
出張先からもどこからでも、自社の状況がよくわかる。

そのかわり、データの機密性に不安を抱えることになるだろう。
クラウドコンピューティングが大規模になるほど問題は大きくなる。
そのような意味では、大規模なわけのわからないクラウドを利用するよりも、小規模ではあるが細かい要望にも対応してくれるクラウドコンピューターを選択したほうが良いと思う。
[PR]
by it_keiei | 2008-11-06 18:23 | IT活用経営革新

インターネットの徹底活用

■ インターネットの徹底活用

3月から8月まで病気で寝ていても仕事に恵まれ、経営管理も困らなかった。
なぜでしょうか ~

Yahoo や Google で「IT活用経営革新」「IT活用経営支援」で検索してみよう。
188万件~250万件出てくる。
政府経済産業省をはじめ、都道府県各自治体、マイクロソフト社等大手企業
その中でトップに出てくるページ
  www.kakenk.co.jp   www.kakenk.co.jp/ohta/
  www.kakenk.co.jp/ohta/it_sien.html
  www.kakenk.co.jp/ohta/it/it_keiei.html

ここまで行くと零細企業でも仕事が入る。したがって過労とストレスがたま
ってしまった。
特に大企業が相手の場合は、数千人数万人の仕事に影響することになるから
大変だ。

なぜそうなるのか?
 ホームページをどう考えるか
  文字で表現された内容のみ伝わる
  ・・・・・検索エンジンのトッブへ掲載される条件を意識しながら作ってもらう。
  ・・・・・メルマガ・ブログを活用
   事例 http://www.kakenk.co.jp/ohta/nikki/weblog.html
  ・・・・・ネツトで仲間づくり・・ML等
   事例「情報交流広場」 http://www.kakenk.co.jp/hiroba/

  お客様の心を引きつける言葉で各ページ表現する。
  各ページはトップページと考える方がよい。目次は目次のページを設ける。
  トップページの原則はしっかりと網羅する。
    http://www.kakenk.co.jp/ohta/hp/hp01.html
  社会的意義や公共性・企業文化をページに盛り込む
  具体的に貢献内容を表現する
  会社案内や抽象的な経営理念や方針は後ろにある方がよい。お客様第一

 非公開管理ページをどう考えるか? 寝ていても経営管理ができる。
  見込みを含む顧客管理
  企業間連携 報告記入など新情報の共有
  お客様中心主義の業務日報
  納品請求入金管理
  会計経理業務
  等     (社内に個人情報データを置くと漏洩の危険性が高い)
        (事務・場所代・管理経費は取引判断基準になりつつある)
  特に表の公開ページの内容変更の自動化の役割は大きい。

ネットの徹底活用とは具体的にどうゆうことか
  リンクされているページ数によって検索結果が上位に表示される。
  どうすればよいか。検索サイトで同業者のページを調査 リンク登録
  できる限り公的機関にリンクされるようにするには?
  私の事例
   経済産業省・戦略的情報化投資活性化事業ITSSP
   ・「WEBで情報共有・経営革新」 ひと工夫事例発表
       変化する現場の日常業務をホームページで処理、
       情報を共有することによって経営革新を実現
       http://www.itssp.jp/kufu/data/kufu003.htm    
   ・「販路開拓にIT活用」 国内事例発表
       http://www.itssp.jp/jirei/kokunai/toushi/toushi105.htm
   ・京都市中小企業支援センター専門家 奈良県 滋賀県
        http://www.kyoto-sien.or.jp/nannari/index42-2.html
[PR]
by it_keiei | 2005-11-22 12:05 | IT活用経営革新

非合理は経費がかさむ

■ 非合理は経費がかさむ

ある市民会館から、施設空き情報をインターネットに公開する
システムの開発について、問い合わせがあった。

ホール・会議室など10の施設に対して、利用時間帯と平日と
土日の利用料金が異なり、利用者の種別によってさらに7通り
の利用料金の設定があり、冷暖房の期間料金とマイクなどの付
属設備使用料の自動計算が付随するもので、利用申込みと同時
にリアルタイムで、自動的に空き情報をネットに表示するとい
うものです。

ここで、不思議なことが2つありました。
大手の業者は、我々中小企業が提示するお見積もりの10~2
0倍の見積であったとのことでした。

それと利用者の個人情報保護という理由で、構内インターネツ
トを構築し、その中で空き情報のみ業者のWEBサーバーへ
送り込み、1日遅れとなってもしかたないとのことであった。

個人情報は手元に置くと、職員の数だけ人的漏洩の危険度は高
まりますし、構内WEBサーバーを立ち上げるとなると基本ソ
フト込みで約50万円程度余分に費用がかかることになります。

個人情報保護の内部規定だけでも、より複雑な内規を作り上げ
なければなりません。

いずれにせよ我々日本社会はシステム的にはもつと合理的に能
率の上がる方法を割り切って選択すべきではないか。
そして、文化的、人間的な部分にもっと気を使って豊かな社会
になるようようにしたいものと思います。
http://www.kakenk.co.jp/kadai/公共施設予約.html
[PR]
by it_keiei | 2005-10-30 16:28 | IT活用経営革新

IT活用で生まれ変わる中小企業の情報化について

IT活用で生まれ変わる中小企業の情報化について

IT導入による情報化は、何から始めれば良いのか分からないという経営
者も多い。
情報化を行う時に気を付けるべき点や、他社の情報を参考にするという
セミナーも盛んに行われている。

情報時代のビジネスを展開する場合、戦略的にITを導入・活用すること
により、売上げ増加、生産性・業務効率の向上、製品・サービスの革新、
販売チャネルの多様化、新規事業分野への進出などの競争優位を生み出
すことは、経営革新上の最重要課題となっている。

パソコンに触れて学ぶ『IT講習会』やIT導入事例企業による講演、ITに
関する最新の情報等を提供する『情報化セミナー』など、年間を通じて、
講演会事業がたくさんあるが、具体化のITそのものを公開し、そのノウ
ハウを提供してくれる企業や人は少ない。

各都道府県の中小企業支援センターのIT技術専門家の支援を積極的に利
用すると経済的にも負担は少ない。

理屈よりも現場重視の具体的な技術情報の提供があれば、何から始めた
ら良いか明確になってきます。
http://www.kakenk.co.jp/ohta/it_sien.html
[PR]
by it_keiei | 2005-10-01 18:04 | IT活用経営革新

非公開管理ページは経営(商売)革新のかなめ


執筆者の太田です。

今日は少し涼しくなり、サラリーマン以外の方々にとっても
さあ頑張るぞと言う気分ではないでしょうか?

■ 非公開管理ページは経営(商売)革新のかなめ

営業経営管理ページは当然非公開ですから意外と知られていない。
情報共有グループウェアが発展したものとも言えるが、経営全般の
管理業務を行う場所である。

管理ページが有れば、例えば自宅からでもあるいは出張先からでも
お客様管理や社員の活動管理、販売管理、給与計算、会計業務とい
う仕事が可能なのです。

また管理ページは、公開しているホームページと連動して、表裏の
関係にありますから効果的営業展開も有利になってきます。
自社(自分)にないIT活用ノウハウを手に入れましょう。

 非公開経営管理ページとは?
  http://www.kakenk.co.jp/prg/
 非公開管理ページの作り方 ARAGO講座はこちら
  http://www.knowledge.ne.jp/lec.php?id=124
[PR]
by it_keiei | 2005-09-15 14:56 | IT活用経営革新

組織力を発揮するITの仕組みの事例 

執筆者の太田です。昨年秋から、非公開の経営管理ページ制作依頼が相
次ぎ、過労とストレスがたまってしまい、神経障害を起こしてしまいま
した。
特に足の末梢神経が痛み始めて歩くこともできず6ヶ月近くになりまし
た。

様々な検査と治療を試みましたが、原因の特定にいたらず医者頼りでは
なおせないことがよくわかりました。診察カードも10カ所以上になり
ましたが、唯一楽になったのは鍼灸院の貼り付けてもらつたばんそうこ
うのようなものでした。

おかげで今はだいぶ楽になってきました。病気は自分でなおすもの。
みなさんも気を付けて下さい。

■ 組織力を発揮するITの仕組みの事例 

さて、管理ページの事例ですが、顧客管理・販売管理・会計経理等さま
ざまですが、今回の事例は業務日報週報でした。

この会社は製造業にもかかわらず、他社得意先情報や販売戦術市場開発
情報 自社他社製品のクレーム評判等 製品改良改善事項 見本帳カタ
ログ改良改善事項等の情報を経営に生かす目的で情報収集担当者を全国
約350人配置している会社でした。

所定の用紙に日報兼週間単位でFAXにより営業本部へ送っていました。
営業本部は、これという重要情報を経営陣に報告するためコピーを取っ
て、はさみで切り取ってまとめる作業、その他集計作業などを行ってい
ました。

各地の情報収集担当者が毎日日報をインターネットの非公開ページに記
入することによって、本社営業部の人件費を使うことなく経営陣は遅れ
ることなくリアルな情報を把握し、経営に反映させることができるよう
になった。

この会社は、支社長・ブロック長・営業所長・グループリーダー・チー
ムリーダー等縦の関係が強く、週報書式も異なり上司のコメント記入で
部下指導を行っており、権限に応じて閲覧できる週報は限定されていま
す。

制作者として最も苦労をしたのは、社員の配置転換や上下移動にもスム
ースに正確に機能させることであった。
システムを使う側の取り扱いミスなども含め何が起こるかを予測して、
作っていかないと、350人の業務はストップしていまいますので、私
のストレスは大きかった。

これは1つの事例ですが、小企業の業者間提携を合理的に正確にスピー
ディーに処理する方法としても、非公開の管理ページは今後急速に普及
して行くであろう。

詳しくは、ホームページ http://www.kakenk.co.jp で順次発表して行く
つもりです。よろしくお願いいたします。
[PR]
by it_keiei | 2005-08-25 14:10 | IT活用経営革新

知らなかったら損をする「ITそれ自身」

業績を上げたり、経営革新をするITの活用の具体例

■ 知らなかったら損をする「ITそれ自身」

「IT」とはInformation Technologyの略称で、コンピュータを使用して
さまざまな情報を加工し、管理することの技術を総称的に表した言葉で
す。

「IT化」とはその技術を取り入れること。
自社の経営革新をしたり、業績アップにITをどのように活用したらよ
いか?さっぱり見当がつかない方も多いと思います。

ポイントになることは
1.何をしたいかを明文化する。
2.そのためには具体的な要件を1つ1つ定義していくこと
3.専門家と相談し、この用件内容を確実に文書化する。
4.手抜きや隠し事詰めの甘さがあってはならない。

言葉遣いの正確さが確認されていないと、誤解が間違ったシステムへと
進んでいってしまうこともあります。
とことん詰めていくと、IT活用後の仕事の流れの変化にも気がつくこ
とが多いはずです。

実行に踏み切ったとき、社内の人事体制の変更や軌道に乗せる手順まで
も見えてくるようになります。
要は、儲けと将来性が見えてくるかどうか。専門家とのとことん詰めた
議論を欠かすことができません。

開発費用についても、専門業者が優秀であるかどうかによって10倍の
相違が発生することもあります。
専門業者の優劣は、文書化された内容によってある程度判断できます。
---------------------------------------------------------------
ご意見ご感想を歓迎しています。 Mailto:oota@kakenk.co.jp
[PR]
by it_keiei | 2005-04-05 11:40 | IT活用経営革新

知って得する情報社会

お久しぶりになってしまいました。何年ぶりかで、風邪をひいて休んで
しまいました。
みなさんも お気をつけ下さい。

 知らないことは大きな損失である?

■ 知って得する情報社会

今、話題になっているニッポン放送とライブドア。社会変革を要求され
ている社会問題の1つであると私は感じています。

善し悪しは別として、時代は変化し、社会が大きく変わろうとしている。
そこに、昔の常識と今の常識がぶつかり合う。
昔の常識しか知らない経営者は見苦しい発言を繰り返す。今の常識が理
解できないからか、批判しかできない。

社会のリーダーは常に学びと実践をしていないと、その資格を失う。
知らなかったが故に随分損失を招くことになったという経験が私にもあ
ります。
知るだけではなく、実践してこそ本間物になる。
[PR]
by it_keiei | 2005-03-28 09:04 | IT活用経営革新

日常業務の情報共有で経営が激変する!

 企業経営を見直すポイントは?

■ 日常業務の情報共有で経営が激変する!

社内やお客様の情報をいかに共有し、効率的な情報の流れを作るか?
そのひとつの答えとなるのが、ホームページと管理ページが連携したW
EBシステムの利用です。

従来グループウェアと言われていたシステムが日常業務処理まで行うこ
とができるような時代になってきた。
インターネットを使った社内とお客様の情報共有によって、業務の効率
化、経営の合理化、お客様への情報提供を実現することができる。

こうなると、顧客の問い合わせにもすばやく対応でき、サービスレベル
の向上や社員個々の権限に応じた業務の平準化も可能となった。
その分、社員の能力発揮分野は変化していくことになる。

WEBシステム利用の効能は?
社内の情報共有とお客様との情報共有をする手段として、インターネッ
トサーバーを利用する方法が浸透しつつある。
ネットサーバーにあるデータを共有し、お客様に必要な情報を社内情報
共有によって効率的に提供できるようになった。

これまで分散していた情報を一元管理をし、社内全員が情報を共有する
ことができることから、お客様への情報提供も容易になり、企業とお客
様との間にも情報共有が実現することになる。
こうして、情報を効率的に活用することができるようになる。

業務の効率化によるメリットと顧客サービス向上。この効果は売上アッ
プやコスト削減など最終的には利益を生み出すものなのだ。

営業担当の社員が同じ取引先に別々に訪れるという非効率的な営業を避
けたり、社員の異動や入れ替わりなどでの引き継ぎもスムーズだ。
さらに、お客様への対応意志決定の速度を大幅に高めることもできる。

事例 http://www.kakenk.co.jp/ohta/it_sien.html
[PR]
by it_keiei | 2005-03-11 08:40 | IT活用経営革新

起業への学び4

 知らないから損をしていることが多すぎませんか?

■ 起業への学び4

このようなメールをいただきました。
> はじめまして。業務請負業で使用できる外注費計算ソフトを探してい
ます。雇用ではないため、なかなかいいソフトを探しきれません。
何かいいソフトをご存知ではないでしょうか。
人数が300人くらいまで対応の簡単に支払計算できるようなソフトは
ないでしょうか。
----------------------------------------------------------------
自分だけで使うソフトは見あたりません。
インターネットサーバーのソフトが提供されています。
このソフトは、出す側、お世話する側、受ける側、それぞれに登録や閲
覧ができる範囲と権限が組み込まれており、お互いに責任と権限が決め
られています。

情報社会では、仕事の関係者がお互いに確認できる情報共有、共同利用
ができるIT技術を使う社会です。
インターネットで業務委託を受ける。受けた委託業務を外注に出す。仕
事の進捗状況や入金・支払い計算もインターネットで行う時代です。

情報を共有して、お互いに助け合うという経済活動の拡大という可能性
を持つソフトが準備されています。

このように、情報起業はITを活用することで有望性を持つことができ
ますし、既存事業にITを導入することが経営革新であるとも言われて
います。
知って活動するのと、知らないでそのままであるのと、大きな違いがあ
るのです。

月額安価に利用できるネットサーバー利用システム情報
http://www.kakenk.co.jp/products/
[PR]
by it_keiei | 2005-02-28 08:19 | IT活用経営革新