<   2006年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ホームページ製作入り口の手順

■ ホームページ製作の入り口の手順

1.キーワードの選定

 まず最初に取り組むべき大切なことは、お客様にどんなキーワー
 ドで検索してもらって、サイトに訪問しいただくかということで
 す。

 見当違いのキーワードで検索エンジンの1位にいてもしょうがあ
 りません。
 そのキーワードが、販売や製品・サービスに直結するか、どれだ
 け多く検索されるかということが重要です。

 もし、たんに思いつく単語(ホームページ・輸入・バッグ等)し
 か考えられない場合は、ホームページ製作業者に相談してみると
 良い。
 優秀な業者なら適切なアドバイスが返ってくる。

 ビッグキーワードは実績を作ってから、徐々にチャレンジすべき
 キーワードなのです。(他のキーワードで実績を作るとビッグワ
 ードも自然に上がっていきます。)

 では、取り組むべきキーワードを何にしたらいいのでしょうか?
 
 ここが頭の使いどころです。

 ちょっと視点を変えて考えてみましょう。

 例えば物品販売で、お客様にただ『買って、買って』とお願いし
 ても、なかなか買ってはいただけません。お客様はあまのじゃく
 なのです。

 そこで、購買客の心理に立って考えてみましょう。

 『あなたはどんなアプローチだったら、ピント感じますか?』
 『あなたはどんな場面で、心を揺さぶられますか?』

 そんなお客様の情景をイメージしてみましょう。
 具体的にお客様の家族構成や生活の情景をイメージして文章化し
 てみることです。

 そうするとイメージしやくなります。その時そのイメージに出て
 来る周辺にに、よく効くキーワードが含まれているのです。

 物品販売でない、BtoB(法人対法人)の場合も一緒です。

 当社の例でお話しましょう。

 当社では『ホームページ制作』というキーワードでは基本的に勝
 負していません。勝負しているのは、『IT活用経営革新』と
 『トップページの原則』です。
 もっと理解したい方は、当社のトップページ
  http://www.kakenk.co.jp をご覧ください。

 攻めの際に、表門から無理やり攻めても無駄です。
 少し違うアプローチが効くのです。あなたの独自性や個性でキー
 ワードをぜひ探してみましょう。

 それを見つけられたら、ホームページ戦略は『大勝利間違いなし』
 です。

2.キーワードを決めてから、キーワードをつないで文章にしてみる

 それからページの内容を考える方がうまくいく。そうすると活かさ
 れるホームページが生まれる。
 ページ内容を考えてから、キーワードを登録する。これは逆です。

 すでにたくさんの競合先が取り組み、ほとんど研究され尽くしてい
 ます。
 単純なキーワードに今から取り組んで、SEO の成果を出すのは、今
 では非常に難しいです。

3.ホームページのタイトルや文字表現の内容を考える

 ここでもお客様の立場でどこまで考えられるかが勝負となる。
 例えば、販売目的で陳列して「買って」とお願いしても売れない。

4.デザインや画像は効果を補助する手段で、ページのアクセスアッ
 プには直接繋がるものではない。

ご相談は
企業の方は http://www.kakenk.co.jp/ohta/it_sien.html
個人の方は http://www.kakenk.co.jp/ohta/kaiin1.html
の制度をご利用下さい。
[PR]
by it_keiei | 2006-03-03 11:35 | ホームページ