非合理は経費がかさむ

■ 非合理は経費がかさむ

ある市民会館から、施設空き情報をインターネットに公開する
システムの開発について、問い合わせがあった。

ホール・会議室など10の施設に対して、利用時間帯と平日と
土日の利用料金が異なり、利用者の種別によってさらに7通り
の利用料金の設定があり、冷暖房の期間料金とマイクなどの付
属設備使用料の自動計算が付随するもので、利用申込みと同時
にリアルタイムで、自動的に空き情報をネットに表示するとい
うものです。

ここで、不思議なことが2つありました。
大手の業者は、我々中小企業が提示するお見積もりの10~2
0倍の見積であったとのことでした。

それと利用者の個人情報保護という理由で、構内インターネツ
トを構築し、その中で空き情報のみ業者のWEBサーバーへ
送り込み、1日遅れとなってもしかたないとのことであった。

個人情報は手元に置くと、職員の数だけ人的漏洩の危険度は高
まりますし、構内WEBサーバーを立ち上げるとなると基本ソ
フト込みで約50万円程度余分に費用がかかることになります。

個人情報保護の内部規定だけでも、より複雑な内規を作り上げ
なければなりません。

いずれにせよ我々日本社会はシステム的にはもつと合理的に能
率の上がる方法を割り切って選択すべきではないか。
そして、文化的、人間的な部分にもっと気を使って豊かな社会
になるようようにしたいものと思います。
http://www.kakenk.co.jp/kadai/公共施設予約.html
[PR]
by it_keiei | 2005-10-30 16:28 | IT活用経営革新
<< 個人コンサルタント起業の時代 ■ 団体組織活動支援システムの... >>